最低限の金銭感覚は身に着けておきたい

「お金思い」は人それぞれで、家計簿の1円ごとの過不足に真剣に苦しむ個人がいる反面、家計簿すら付けていないアバウトな個人もいます。

お金に関しては、よく神経質になるのはよくありませんし、「あの人はケチです」といわれるのも不愉快ですね。
けど、どうしても、最低限のお金思いは身に着けておきたいものです。

また、自分のお金思いが近距離に影響を与えることも少なくありません。
中でも、乳児に関する魅了は著しく、父兄がしっかりとお金制圧をしていると、乳児も自然に学びます。

当然、「支払うべきものはきちんと支払う」という社会人としての倫理も、父兄の様相をみて僕にたどり着くものです。

乳児は父兄の言うことを受け流すけれど、父兄のすることは模写するといわれます。
時折、父兄の様相を「反面教師」にする乳児もいますが、いずれにしても、父兄の魅了は避けられないですね。

在宅は最少ごとの人前ですから、いよいよ、乳児が社会に出ていたたまれない根性をしないためにも、父兄のほうもいつも開発するだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です